前へ
次へ

家庭教師は親としっかり話ができる人を選ぶ

学校の先生と中学生だと先生になりたての人でも10歳ぐらいの年齢差があります。
見た目は若いとしても子どもにとっては大人であり接するのに苦労することもあるでしょう。
多くの先生はもっと年齢が離れている人が多いので、子どもにとって先生は親と同じような感覚で接することもあります。
家庭教師といえば大学生が多く、学校の先生に比べれば年齢差がそれほどなくなります。
子供にとっては兄や姉のような感覚でコミュニケーションを取れるかもしれません。
子どもにとってコミュニケーションがしやすいメリットがある家庭教師ですが、子供との相性だけで選ぶのは問題になるときもあるので注意しましょう。
来てもらってどんな勉強をしてもらうのか、結果としてどうしたいかなどは親が伝えて親が聞きます。
つまりは親とコミュニケーションが取れる人でないといけません。
子供とも仲良くやってくれそうで、しかも大人同士でしっかり学習進度等の話ができる人を選ぶ必要があるでしょう。

Page Top