前へ
次へ

休養を教える家庭教師

家庭教師の仕事はただ勉強を教えるだけではなく、生徒とのコミュニケーションを取ってあらゆることに対応できることが大事です。
その為には生徒のことを知ることや何を苦手としているのか、またプライベートの情報なども持っていると生活の変化に気がつくことができます。
また勉強だけではなく休養をとることの重要性を教えてあげることも、プロの家庭教師としては必要なスキルといえます。
受験生の休養の取り方というのは、休むことをしてしまうと勉強に遅れてしまうとか落ちこぼれるという強迫観念をもってしまう人もいます。
しかし、人間の脳は休むことによってより覚えることができるようになり、栄養などとセットになって能力開発をすることで学習能力が上がっていきます。
休養で大事なのは寝ることはもちろん、起きているときに何をするかです。
起きている時間に脳を休めるのにいいのは、アロマテラピーなどのリラックスできる空間で10分でも休むことです。

Page Top